出来ること、出来ないこと

  • 2023年4月3日
  • CUP戦
  • 353view



週末はLISOLさんにお世話になり、NewEraCupに参加させてもらった。



ディフェンディングチャンピオンとして臨むこの大会。







振り返ってみると、初日のBIGWAVE戦が一番の勝負所だった。



主導権を握られ、先制点を取られる試合。



残り時間の少ない中で、逆転できたことはこのチームらしくない(笑)









先週までは、昨年からトップチームにレギュラーとして出場していた2人と、それ以外の選手に勝負にかける姿勢という部分でギャップが見られたけど、今回は全員で戦えていたかなという印象。




ただ、チーム内の実力にはまだまだ開きがあるし、そこを埋めるのはクラブとしての活動以外でそれぞれがどういう取り組みをしていくかなんだろう。






下の学年から上げて帯同させている選手も、努力ができる選手を選んでいるつもりだ。





今感じている悔しい気持ちだとか、周りに合わせられない劣等感みたいなものを行動に示してほしい。











今回の優勝にはおそらくいろんな要因があったんだと思う。







それはもちろんディラが頑張ったのもあるんだろうけど、



相手チームがベストメンバーじゃなかったとか、相手がうまく噛み合わなかったりとかね。








今大切なことは、自分たちの出来ること、出来ないことを正確に把握すること。




まだまだ、今やっているサッカーはトップチームのサッカーと呼べるほどじゃない。




平日の練習のレベルを上げていかない限りは、チームとしてのレベルも上がっていかない。









サッカーではあるあるなんだけど、点を決めれる選手がいて、キーパーが当たっていたりすると、不思議と勝っちゃう時がある。




でも、そんな不思議の勝ちではなく、ボールを握りながら試合をコントロールし、主導権を握り続けるサッカーをしていきたい。




そういう視点で今回の試合映像を見ると、お粗末だな(笑)










昨年の今の時点と比べるとレベルはかなり低い。




学童で結果を残すためには・・・本当に先は長い。







最後に、昨日は全選手の保護者が集結し、サポーターが大きな力となりました。



映像を見返しても、うちの保護者は黙って見守ってくれ、良いプレーが出るたびに拍手を送ってくれる。



応援席から子どもへの指示があると、子どもは混乱してしまうので・・・。



そこも長年引き継いできた伝統なんだろうな〜。






昨年からは、試合の映像を撮ってくれる保護者の方もいらっしゃるし、本当に感謝です^ ^








4月はとにかく遠征で経験を積む時。



それと同時にレギュラー争いも始まる。




また水曜から頑張ろう。

最新情報をチェックしよう!